【紅茶の茶葉は食べられる?】お菓子に使うなら普通に食べても平気?

紅茶の知識

こんばんは。紅茶ほびっとです。

このところ10月とは思えない気温ですが、今日も暑いと感じるくらいの気温でしたね。

帰宅電車では日中の気温のままエアコンを効かせていたのか、恐ろしく冷気が吹き下ろされていて凍えました。

この時期の電車や商業施設の空調は風邪をひかせるために効いているようなものですね。

さて、紅茶の茶葉ってお菓子にいれて紅茶のケーキ作ったりしますよね。

実際紅茶の茶葉って紅茶液を出したら茶葉は捨てますよね。

お菓子にいれるくらいなので茶葉って食べられるんでしょうか。

今日は茶葉を食べることについて考察してみようと思います。

日本茶の一番茶の様に

日本茶の一番茶はお茶を抽出した後、お浸しの様に茶葉をいただくのを知ってる方はやっています。

ほろ苦く柔らかい葉はほうれん草のお浸しと同じような感覚ですね。

紅茶も同じようい食べられるのかというと、実は皆さんやらないかもしれないですが、意外に美味しいです。

紅茶も日本茶と同じように春摘の紅茶は食べやすいです。

夏摘みや秋摘み、オールシーズンで摘み取られる茶葉については葉がこわばっているものが多く、食べにくいものがほとんどです。

もし茶葉を食べるというのであれば、春摘みの茶葉は美味しく食べられます。

実際の味は?

比較的抽出液の印象で受けた味と香りがそのまま茶葉の味に同等の印象をうけます。

春摘みは特にシルバーティップが豊富な茶葉ほど、苦味がなく甘味がジュワッと出てきて美味しと感動します。

夏摘み以降、オールシーズンに至っても同様に抽出液の印象が結構出ていて、苦さがあればそのまま茶葉は苦いです。

葉の硬さも春摘みは柔らかく溶けるような印象がありますが、それ以外のシーズンですとこわばった印象が強いですね。

ちょっとごわごわするような茶葉の方が多いです。

茶葉を、美味しいと感じられるように食べるのであれば、日本茶と同じように春摘みの紅茶が美味しく食べられるというのが僕の個人的な感想です。

まとめ

茶葉は出涸らしなので実際のところ捨ててしまうものです。

食べられなくもないですが、無理に食べるものでもないです。

前述したように春摘みのシルバーティップが豊富な茶葉は、正直なところメチャクチャ美味しいと感じるものもあります。

もし試してみようと思う方がいらっしゃったら、春摘みはお勧めですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました