【白く濁るのが自然の反応】アイスティーの冷却反応

紅茶の知識

こんばんは。紅茶ホビットです。

最近和スイーツが手軽に作れることを知り、豆乳プリンやら水羊羹やらを作って舌鼓を打っています。

豆製品が好きなんだなと気づいて、小豆や大豆をここ最近よく食べています。

豆って美味しいですね。

さて、先日水出しアイスティーの復習をしましたが、ちょっとアイスティーが飲みたいときにはホットをそのまま氷に注いでオンザロック方式のアイスティーを作る方も少なくはないでしょう。

この時に白く濁ることがあるかと思いますが、今日はアイスティーで起こるこの白濁について考察してみようと思います。

急冷却の白濁は自然現象

紅茶を冷やすことで作るアイスティーで起こるこの白濁ですが、要因は紅茶の成分であるタンニンとカフェインが温度が下がることで結合して透明な水色から白濁へ変化するのです。

タンニンとカフェインが多くはいっていればよりこの現象は起こります。

元から入っている紅茶の成分であり温度変化で起こる現象なので、この変化は本来持っている自然な現象であるといえるでしょう。

紅茶としての渋みや旨味である成分なのですが、味に敏感な人にとってはこうなった紅茶の味わいが劣化したと感じる方も少なくないようです。

お茶は熱い飲み物として扱う

お茶の美味しい淹れ方は熱湯で淹れて、熱いうちに飲むのが基本的な飲み方であり、美味しい飲み方だと僕は考えています。

冷やしてアイスティーにして飲むことが基本から外れる飲み方なので、白く濁ることは自然現象ですし、濁ることで好き嫌いを問題にするのは個人の考え方なのかなととらえます。

しかしながら各専門店様や紅茶のメーカー様でもこの白濁しないようにする淹れ方を提案しています。

方法としては

  1. 砂糖を入れてタンニンとカフェインを結合しにくくする
  2. たっぷりの氷を用意して一気に冷えるようにする
  3. ニルギリやキーマン、キャンディなど茶葉の種類でタンニンの少ないようなものを使う

ということを上げているところが多いです。

近年では水出しアイスティーも広く浸透してきているので、最も白濁しないアイスティーを作るのであればそれが一番なのは間違いないです。

まとめ

もともとお茶の飲み方に冷たくしてのむという概念はなかったものなので、近代になってアイスティーを生み出したことで自然に起こる現象を見ることになっただけなんですよね。

水出しという便利な淹れ方が考案されたので、無理に白く濁らないようにオンザロックしなくてもよさそうですけどね。

個人的には紅茶はホットが一番美味しいと思っているので、皆さんも個人で好きな飲み方を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました