【冬の贅沢ミルクティー】ひと手間かけて極上のミルクティーを自宅で楽しむ

紅茶の淹れ方

こんばんは。紅茶ホビットです。

お休みの日は一日ずっとお家に引きこもりです。

家事をしているのでやることもあるし、食糧を買いに外に出る以外はホントずっとうちにいたいです。

パソコンとお茶とヒーターがあれば全く動く必要がなくなるので、外に出ることに必要性は感じないですね。

ビバ引きこもりです。

寒さもだんだん強くなってくる今日この頃ですが、普段のミルクティーをひと手間かけてゴージャスに楽しんでみませんか。

今日はミルクティーを自宅で豪華にする小技3選を見ていこうと思います。

〈マシュマロミルクティー〉

出来上がったミルクティーにマシュマロをポンっと入れるだけの超お手軽、だけど可愛くゴージャスなミルクティーに仕上がります。

マシュマロが甘いのでミルクティーを作るときは甘さは控えめに作るのがポイントです。

マシュマロもいろんなフレーバーのついたものが販売されているので、マシュマロが溶けてフレーバーも楽しめる一挙両得なミルクティーです。

〈ラテ風ミルクティー〉

カフェラテと同じようにフォームミルクを作って紅茶に注ぐラテ風ミルクティーは、ふわふわミルクと紅茶の味わいが絶妙にマッチします。

ハリオやカリタなどのメーカーから手ごろな価格帯の1,000~2,000円くらいでミルクフォーマーが売っているので、自宅でも簡単にフォームドミルクが作れちゃいます。

僕はハリオのピッチャーとのセットになっているものを使っていますが、レンチンできるので牛乳を温めてからフォームが作れるのが楽ですね。

好みでキャラメルソースやメイプルシロップを上からかければ気分はスター〇ックスでカフェしてるようなものですね。

〈ウィンナーミルクティー〉

生クリームをホイップして紅茶の上にそっと乗せる一番手間はかかりますが、ゴージャス感も一番出るミルクティーです。

ちょっと大人の雰囲気を醸し出すために、ブランデーを人さじ淹れてから紅茶を注げば魅惑のウィンナーミルクティーの出来上がりです。

お酒が苦手な方にはホイップクリームを作るときにバニラエッセンスを加えてバニラ風味を出してみたり、シナモンを添えてスパイシーな味わいにするのもお勧めです。

外に出るのが億劫になる季節は時間をかけたお家カフェを楽しむレシピも心を満たしてくれる味わいが楽しめます。

休日のひと時にも是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました