【世界でも和紅茶の評価が高い】じわじわ高まる和紅茶人気

紅茶の文化

こんばんは。紅茶ホビットです。

さて、世界でもお茶のコンテストが定期的に行われているようですが、フランスで行われた日本茶コンテスト「Japanses tea selection Paris 2022」で鹿児島の堀口製茶様が出品した紅茶が金賞を受賞されたとのことです。

和紅茶の評価は世界でもいろいろなところでじわじわ上がっていますよね。

今日は和紅茶の広まる傾向について考察してみようと思います。

和紅茶イベントの拡大

和紅茶については何回も取り上げてきていますが、和紅茶の注目は世界的にも日本の中でもたかまってきているのはまちがいないですね。

特に日本でも和紅茶フェスティバルなどのイベントの拡大が、和紅茶を周知する要因の一つとなっているのではないでしょうか。

感染症拡大前からちょっとづつ人気が高まっていた和紅茶イベントだったのですが、感染症により一時期他のイベント同様開催を中止されてきましたが、2022年度から各地で再開されたイベントは好評でした。

参加される茶農家様や茶業者様の活気あるブースは、和紅茶のブームを率先して起こしている方々なんだなと伝わってきました。

国際コンテストでの高い評価

フランスで行われたという日本茶コンテストですが、以前にはイギリスで行われたお茶のコンテストでも優秀賞を受賞されていましたよね。

世界的に和紅茶のクオリティーの向上が認められて、名だたる産地と変わり映えしなくなってきているのは間違いないですね。

紅茶が生活の中にある方々が美味しいと認めるクオリティーなんですから、和紅茶が紅茶としての知名度を上げることにも貢献しているのではないでしょうか。

日本の茶農家様も品種改良や製茶技術を向上させる努力を怠らず、日々試行錯誤されていることと思います。

そういったたゆまぬ努力が実を結んだ結果なんでしょうね。

まとめ

香りや味わいは以前の日本茶のような紅茶ではなく、この紅茶日本で作ったのという驚きを得るくらいの品質なのは間違いないですね。

和紅茶の魅力にはまっていく紅茶好きの方もどんどん増えていっていますしね。

世界の有名な紅茶産地の一つとして名を連ねるのも近い将来になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました