【インフレ物価高で紅茶が高い】それでも紅茶を工夫して美味しく飲みたい

紅茶の淹れ方

こんばんは。紅茶ホビットです。

今日は厳しい寒さが戻ってきましたね。

外に出る時は完全防寒体制に戻しました。

風も強くて凍えるなと思っていましたが、日中日も差してきて太陽ってやっぱり温かいなと実感しましたね。

さて、ほぼ毎月毎月物の値段が上がり続けていますが、地味に食費がじりじり上がっていってるんですよね。

紅茶のストックもあと何か月持つかというところで、そろそろコスパ優先で紅茶を購入しようというところです。

今日は低価格でも美味しく紅茶を飲みたい自分のために、コスパ重視で紅茶を飲むための考察をしていこうと思います。

ミルクティーは庶民の味方

なんといってもミルクティーは紅茶を美味しく飲むための最強の飲み方だと個人的には考えています。

ストレートティーしかほぼ飲んでいなかった自分が言うのもなんですが、紅茶と牛乳の組み合わせはさすが紅茶大国イギリスが生んだ素晴らしい飲み物だと感じます。

基本的にはデイリーで美味しく飲むために組み合わせられた飲み物であるという点です。

大量生産されている茶葉のお徳用ティーバッグを活用でき、淹れる時も手軽に作れ、なおかつ牛乳との相性の良いブレンドを選べばストレートティーからのスイッチは問題ないでしょう。

最高の質の紅茶をストレートティーで飲み続けるには、庶民にはもう限界だなと自分の感覚ではありますね。

質と回数どちらを優先するか

金銭的に問題ない場合は、是非ともそのままクオリティーの高い茶葉をストレートティーで召し上がっていただくのがお勧めです。

なかなかそうもいかなくなってきたのが現実的なので、質を優先して飲む回数を節約することもできますよね。

個人的には紅茶を摂取する回数を減らすのが困難なので、上記のような飲み方を工夫する方法も必要になってきました。

まだ寒さがネックですが、気候も暑くなってくれば水出しが最強のコスパ紅茶抽出方法であるのは間違いないです。

雑味がない抽出方法なので、手ごろな価格の茶葉を使って旨味の部分だけを抽出すれば、日々の紅茶生活は守られること間違いなしです。

水出しをレンジで温めるのもこの際ありなのかなという気もしています。

まとめ

日常生活しているだけで費用がどんどん掛かる分、嗜好品はある程度倹約せざるを得ない部分は大きくなっている気はしますね。

節約しつつある程度我慢せずに、工夫して紅茶の生活を確保することもしていきたいとは考えています。

光熱費や食費が爆増している昨今ですが、自分の好きなものをちょっと工夫して楽しみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました